それいけ!おそとまん

MTBが楽しくてアウトドアが大好きな人のブログ

HB D8組立part3

昨日キットの欠品があったので早速HPIカスタマーセンターへ連絡を入れてみたところ、丁寧な対応で、すぐにパーツを送ってくれる事に。ありがとう(^_−)−☆HPI!。ますますD8ヤル気になってきたぞ〜!必ずや勝利を!もたらしてくれますように…っと。神頼み。

今日の組立はフロントギアケース部分。デフギアの一部が欠品しているのでデフは搭載してません。

しかし、組立セクションごとに袋分されているのがこんなに楽だとは…。沢山のネジやパーツの中から探す必要がないので面倒くさがりのおそとマンでもサクサク組立てられますよ♪(´ε` )

どうしてもMBX5Rと比べてしまうけど、フロント周りはきゃしゃに感じます。

MBXの樹脂アッパーアームや独特のリンケージが剛性感をかもし出してるのに対して、D8はシャープな印象。軽量な感じですね。うーん…派手にクラッシュするとどうなんだろう?って想像してしまいます。
まあ、スタンダードな構造なので大丈夫でしょうけど。
また、フロントハブキャリア樹脂は多少白っぽくカーボン含有があるんでしょうか?いかにも硬そうです。

サスアームは一枚物で軽量化の肉抜きはあるものの、穴は空いておらず「こんなの絶対に折れない!」といった感じです。樹脂も弾性のありそうな樹脂ですね。
もし、割れるときは根元のサスピン穴から割れるのかな?まあ、MBXでも割れた事はないですけどね。

それと、D8シャーシはゴツイんですね。5Rシャーシ厚が3mmなのに対して、D8は4mm厚。各所にフライス加工をして要所の重心を下げているのかな?もしくは軽量のため??重量のあるシャーシが一番下にあるってことは、重心が下がって安定性に貢献!?ってことっでしょうかねえ。

フロント周りの印象はこんな感じです。ただ、おそとマン個人の感想なのであくまで聞き流すように!