それいけ!おそとまん

osotoman -MTB&Outdoor- MTBでアウトドアを感じよう!

カヤックサーフィンの発見①

最近、カヤックではまってる物がある。

それはカヤックサーフィン。ハマってます。

カヤックサーフィンしてて発見した事が沢山あります。色々ありますが順番に書いて行こうと思います。思いついた順位適当に書いてみます。

※あくまでカヤック暦1年のカヤック初心者から見た目線ですので参考程度にご覧下さい。

まずは‥

プレデタープロフィッシュに弱点発見!

おそとマンの愛艇。バイキングカヤックプレデタープロフィッシュです。

DSC04413.jpg

浸水なし!安定性よし!スピードよし!積載量よし!収納多し!

特に防水性と収納に関しては他にライバルはいないでしょう。ずば抜けて素晴しいと思います。

良いとこだらけのこのカヤック!コレまではどこも悪いところが見当たりませんでした。しか~し!

カヤックサーフィンするようになってから弱点が判明!それは‥

ここ!


 
①シート背面の背もたれ部分と②フットブレイスです。

どういう事かというと‥

カヤックサーフィンをしていて分ってきたのですが、スピードの速い大きな波に押されると、艇が横を向いてしまいます。ナゼ横向くかというと‥、カヤックが波で押され始め、スターンが持ち上げられてくると、バウが波に刺さる感じになります。

 
そうすると、バウの抵抗が増え、更に後からスピードのある波に押されることによって、座っている重心付近を中心に、艇が横に回転してしまいます。こうなるともはやコントロール不能。波が崩れるまでは何とか姿勢を保てるのですが、波が崩れ始めるともはや撃沈するしかありません。

横向かされた場合は、ブローチングという方法で、波側に体重をかけて波に押されながら岸に戻る方法もあります

TEAM NWさんからの受け売りです(^_^;))

しかし、波が大きくなるとその力も大きく、大きな波の場合は体重をかけてもかなりの確立で引っくり返されます。

さらに、バウ側が波に刺さりすぎると、バウ沈という恐ろしい事態が!

youtubeでこんな映像発見しました。バウ沈ではない??スターン沈??のようですが‥恐ろしいです。

(よく見ると、kayak55にも登録されている team sea chickenさんではなかろうかと思います。ちょっと恐ろしい映像ですよね~。本物のカヤッカーは凄い!)

◆横向かされないように波に乗る!

まさに大きなうねりが後方から迫ってくる!。そしてその波に乗ろうとするタイミングで、パドリングで加速。スターンが波に持ち上げられ始まったら、後方へ体重をかけてバウを浮かし、バウが波に刺さらないようにします。

そのとき、足はフットブレイスの出来るだけスターン寄りで思いっきり踏ん張ります。

足を踏ん張らないで体だけ後ろへのけぞっても、ナゼか後方荷重にはなりません。足を踏ん張って後方へ荷重をかけるイメージなのでしょうか‥。

そしてスターンが波に押されないようカヤックを加速させ、波にうまく乗らなければなりません。

まさにカヤックサーフィン!この加速感と、波に乗れたときの快感と言ったら‥クセになります。

ここから、やっとプロフィッシュの弱点につながるわけです。(前置き長くてスイマセン)

①シート背面

角度が立ちすぎてて体を反らす場合に腰が当たってうまく後方荷重が出来ません

DSC04414.jpg

②フットブレイス

DSC04412.jpg

引っ掛かりの段差が低く、踏ん張りが効きません。テイクオフ時は出来るだけ後方荷重にしたいので足を縮めた状態で体を後方へ押し付けるように踏ん張ります。尚且つパドリングもするので、よけい踏ん張ります。すると‥足が「つるっ」っと外れて踏ん張りが効かない場合があります。

この2つが今のところ、おそとマン的なプロフィッシュの弱点です。①はどうしようも無いですが、②に関しては外付けのフットブレイスを追加することによって解決できそうですね。

今のとこ、バイキングのプレデタープロフィッシュはこの2つを覗いては不具合は見当たりません!今、超お気に入りのカヤックです。

バイキングカヤックさ~ん!荷重移動しやすい運動性能の高いフィッシングカヤックのデビューをお待ちしております!

※長々と書きましたが、簡単に言うと、バイキング プレデタープロフィッシュは素晴しいと言う事です。以上!