それいけ!おそとまん

MTBが楽しくてアウトドアが大好きな人のブログ

裏磐梯サイコー!

2011/1/22 雪の季節です。裏磐梯の季節です。

おそとマン家はどうやら裏磐梯が大好きなようで「春夏秋冬」全部の季節で裏磐梯でお世話になってます。

冬は当然スノーシュー遊びですね~!

◆「人力屋」本日は五色沼スノーシューツアーへ出動です。

裏磐梯のビジターセンターから出発して、五色沼自然探勝路を歩きます。裏磐梯高原駅までたどり着いたら、ゴールドハウス目黒で昼食。同じルートで戻ってくるツアーです。距離にして片道約3.6km、往復7.2kmのスノーシューツアー。

◆さあ出発です。

IMGP0894.jpg  
本日お客様はスーパー常連のリンダさん。やる気満々で出発!まるで子供の様にはしゃいでおります。

IMGP0896.jpg  
ガイドはおそとマン。こちらもやる気満々。何事も楽しく!をモットーに、お客様に楽しんで頂ます。雪をみて興奮気味です。こちらも子供です…。

◆頑丈です。

IMGP0897.jpg
現ビジターセンターから少し奥へ入ると、ビジターセンターと書いた小屋がありました。すごい雪が積もってますが…重みで潰れないのでしょうか。

木造って頑丈なのですね。

◆道がわかりません。

IMGP0907.jpg

入口には夏道のトレースがついてましたが、トレースを外れてみると、どっちへ進んだら良いのか…道が全く分かりません(~_~;)

そんな時に活躍するのが、ハンディGPSカヤックもトレッキングもガーミンeTrex Ventureをつかってます。

eTrexにはMap sourceというPC用のソフトが付属してきます。これを使えば、パソコンで作成したルートをGPSへ落とすことが出来ます。今回は事前に【電子国土】から緯度経度情報を取得して目的地と簡易ルートをGPSに入力してあります。

このeTrexはルートを登録しておけばルート案内も可能なので、今回はそれを使用してます。

ですので、正規のルートを外れて道に迷っても、簡単に元のルートへ戻る事ができます。トレッキング行った事がある人だったら誰でも経験していると思いますが、道が分からなくなった時のあの不安感。ホントに怖いですもんね。GPSがあるとそんな恐怖が無くなります。かと言って、あまり機械に頼りすぎるのもイヤなんですけどね…

◆毘沙門沼

IMGP0900.jpg
ビジターセンターから歩いてすぐに毘沙門沼がお出迎え。水面は氷結してるようですね。素晴らしい景色ですよ~!

◆弁天沼

IMGP0905.jpg
弁天沼にある展望台からの景色です。展望台は雪で占領されてしまって、上がれません。ここからの景色はグリーンシーズンも最高ですが、冬もまた格別です。個人的にはココは夏の景色のほうが好きです。

◆お昼ごはん

昼食は「ゴールドハウス目黒」でいただきます。ここはレンタルボートやワカサギ釣り、そして宿泊や食事も可能なスーパー施設です。ここの専務がとても良い人で、以前から仕事でもプライベートでも大変お世話になっております。本日は某有名バスプロの方もいらしてました。

IMGP0908.jpg

↑今日は噴火味噌ラーメン。この辛さが最高です。冷えた体が生き返ります。

ゴールドハウスで販売している「噴火味噌」は超お勧め。辛いけど本当に美味いです。お土産で買って帰ろうっと。

そして…冬の桧原湖といえば

IMGP0909.jpg

ワカサギの天ぷらでしょう!言わずと知れた絶品です。サクサク、フカフカの触感は癖になります。

昼食を終えたら、これまで来た道を折り返しです。五色沼自然探勝路はアップダウンもなく、すごく歩きやすいのでどなたにもお勧め出来ます。雪が降り積もると、ルートが分からなくなりますが、今回行ったときは、たくさんの方が訪れるようで、もしくは、しっかりと整備しているのか、はっきりとしたトレースがありましたので、裏に入って行かない限り道に迷う事もありませんでした。

楽しいスノーシュー!みなさんもどうでしょうか。

==おまけ==

本人いわく、木に刺さっているらしい。

IMGP0918.jpg

おバカなリンダさんです。