それいけ!おそとまん

osotoman -MTB&Outdoor- MTBでアウトドアを感じよう!

カヤックリフター作ってみた

車にINNOキャリアバーを取り付け。
久々にカヤックを乗せる準備中です。
重量級のカヤックを乗せるためには、
カヤックリフターというものが必須になります。

結構高価なものなので、今回はイレクターを利用して
制作してみました。

f:id:osotoman:20201011230525j:plain

INNOのキャリアバーにバーエンドフックを組み合わせ。
バーエンドフックを横に伸ばして
自作のカヤックリフターをセットしてカヤックを車載します。
自作リフターはワンタッチで装着できるはめ込み式で
普段は外しておいて、カヤックの積み下ろし時のみセットします。

カヤックを立て掛けるとこんな感じ。

f:id:osotoman:20201011230520j:plain

バーエンドフックがカヤックを支えてくれます。

 

カヤックを積載するとこんな感じになりますね。

f:id:osotoman:20201011230534j:plain

カヤック縦積みすると車後方のハッチを
開けてもドアがぶつからない。
このために、縦積みしています。

車中泊の時とかカヤック積載したまま
後部ドアハッチを開ける機会が多いので
重要なポイントですね~。

少し離れて見るとこんな感じです。

f:id:osotoman:20201011230700j:plain

縦積みする理由ですが
・なんとなくカッコいい…
・2艇積みが簡単に出来る。
・リアハッチ開閉しても当たらない
というのも縦積みの理由です。

積載は問題なく出来ますが
もっと軽いカヤックが欲しい。
コスト面から考えると、忍が第一候補ですね~。
でも今はちょっと手が出ません。

当面は、プロフィッシュですね。

霞ケ浦の淡水に出るときはオージーでもいいのですが
結構水が入ってくるので、おしりがビショビショになるのが
嫌なんですよ。

だから軽くて便利は忍がほしい~っ!

今日はカヤックの積載でした。
では、またね~。

MTBパーク 造成状況

かすみがうらドッグ&MTBパーク

MTBスキルパークエリアが
ほぼ走行可能になりました。

ドッグラン&キャンプエリアの
整備もどんどん進んでいますよ~。

長らくお待たせしておりましたが
10月初めにお披露目できそうです。

 

【MTBパークの構成】

大きく分けると下記エリアに分かれます。

スキルアップエリア

・初級バーム
・中級バーム
・初級ドロップ
・初/中/上 3連テーブルトップ
・中上級ドロップ 

◆ショートトレイル
・初級体験トレイル
・中級ジャンプトレイル

ロングトレイル
・初級~どなたでも走れる約3kmの周回トレイル

 ※ロングトレイルは10月から整備に入ります。
  まだ一般走行はできません。

 だいたいこんな具合で分かれています。

 

何か所かピックアップして
見ていきましょう。

 初級ドロップのエリア

f:id:osotoman:20200831202219j:plain
木製の一枚板で出来たドロップ体験エリアです。
体験といっても結構な高さがあるので
しっかりと基本ができないと前転必須!!

 

ジャンプトレイル前半部分

f:id:osotoman:20200919200402j:plain

ちょっとわかりにくいですが

写真中央の奥から、手前に向かって
中級ジャンプトレイルが走っています。

 

ジャンプトレイル後半部分

f:id:osotoman:20200919200453j:plain

写真左したのバームを曲がってから
ジャンプトレイル後半に向かいます。

 

初級トレイルは写真右半分の
フラットな路面のところ。
(柵が立ってる脇です)

f:id:osotoman:20200919200510j:plain

フラットで凹凸のないところを
MTBでノンビリと走れます。

 

 

新しく作ったドロップエリア

f:id:osotoman:20200919200524j:plain

写真の左側から走ってきて
右側へ向かってドロップします。

高さは3レーンあり
初級・中級・上級と高さを選んで走れます。
将来的には、Proオンリーの
ドロップも出来るように設定してます。

各コースは反時計回り周回で作っていて
MTBに乗ったままグルっと
スタート地点に戻れます。
(もちろん上りもあるので、ちょっと疲れるよ)

写真のピックアップだけだど
わかりにくいので
いちど、全エリアの紹介をしないと
いけないですね。

後日作りますね~。

 

ドッグラン、キャンプ場の構成も
また別途紹介します。

ワンちゃんと一緒にキャンプの出来る
貸し切りエリアもありますのでお楽しみに。

 

ドッグラン&キャンプも少しだけピックアップ

f:id:osotoman:20200919212028j:plain

 MTBスキルアップエリアの上にあるキャンプサイト。犬と一緒に泊まれます。

 

キャンプサイトから見たMTBスキルアップエリア。

f:id:osotoman:20200919212333j:plain

お父さん、お母さんは、木陰から子供のMTBを見守れます。

 

オープンエリアのキャンプサイト

f:id:osotoman:20200919212359j:plain

奥に見える芝生はドッグラン。

 

早く遊びたい!!!

楽しみですね!!

 

 

かすみがうらパーク情報!

ひさびさのMTBパーク情報です。
一般オープンできるように確実に
確実にディグを進めています。
あともう少し、
ほんとあともう少しお待ちください。

 

★現在走行可能ライン

・中級バームエリア

・初級バームエリア

・パンプトラック

・3連テーブルトップ

これらは走行可能になりました。

 

★現在造成中

・初級ショートトレイル

  →からの上り返しトレイル

・中級ショートジャンプトレイル

  →からの上り返しトレイル

 

この2ラインを現在造成中です。
この2ラインが貫通すればひとまず、
MTBは一般オープン可能な状態に!

(ドロップやロングトレイルなど
他のエリアは随時造成していきます)

MTBエリアを写真で見ていきましょう!

 

■中級バームエリア

これまで何度となく登場しているバームエリア。
前半バームは深く回り込む180度バーム。

↓前半部分です。

f:id:osotoman:20200831202123j:plain

 

後半は少し浅めの90度ほどのバームになっています。
↓こちらが後半部分

f:id:osotoman:20200831204821j:plain

 

 

■中級ジャンプトレイル

これが現在造成中のエリアで
中級ジャンプが続くショートトレイルです。

スタートは3連ドロップから

f:id:osotoman:20200831202219j:plain

三連ドロップを通過したら
ステップアップが待ってます!

f:id:osotoman:20200831202202j:plain

ここはジャンプで飛び越える事もできますが、
普通に通過することも出来ます。

そして林の中へ

f:id:osotoman:20200831202302j:plain

 ジャンプトレイル前半です。木々の中をピョンピョンと
ジャンプしながら走ります。

いちど上り返してから後半エリアへ
今度は下りながら右バームを曲がってから
ジャンプへ続きます。

f:id:osotoman:20200831202245j:plain

ジャンプが終わったら激坂を下って
今度は上り返しエリアへ入っていきます。
と…こんな感じで続きます。

 

■三連テーブルトップ

ここは幾度となく登場したテーブルトップ
レベルに合わせて練習できるように
初級・中級・上級と3つに分かれています。

 ↓スタートヒルからみた3連

f:id:osotoman:20200831202142j:plain

 

スタートヒルの斜面も滑らかに成形しました。

f:id:osotoman:20200831202035j:plain

これでスムーズに3連に入れます。

とこんな形で進捗しております。
ゆっくりですが、確実に進んでおりますので
ご安心ください。 

 

★ドッグランエリアも整備進行中!!
少しだけ写真をUP!
青々とした芝生がとてもキレイ。 

f:id:osotoman:20200831202559j:plain

ドッグラン&キャンプエリアの
電源・給排水の工事も同時進行中!
どんどん出来上がってますよ~

 

待ち遠しいですね!!ほんとに待ち遠しい!
ここでみんなで一緒に楽しく遊べることを
夢見て日々頑張っております。

 

本当に!本当に!超ほんとうに!

皆さまにお会いできるのが楽しみです!(^^)!

次のパーク情報は、オープンの時ですね!!

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク

かすみがうらドッグ&MTBパーク
ディグの進捗状況です。
いやはや雨ばかりで作業が遅れています。

■バームエリア

バームラインはとりあえず貫通しました。
まだまだ修正は必要ですけどね。
f:id:osotoman:20200725065741j:plain
スタート位置からながめると
なかなか雰囲気がありますね〜
山の中のトレイルみたい。

昨日はバームエリアの右側、
MTB体験が出来るコースに取り掛かりました。
浅いバームでMTBを体験できるコースです。
f:id:osotoman:20200725070026j:plain
ローラーが2つあって
その後、浅いバームが続きます。

ここはバームを使わなくても
真っ直ぐ走り抜けることもできます。

MTB走行の体験にはピッタリ。

■ジャンプエリア

3連ジャンプはテーブルトップの
長さのバランス修正に取り掛かりました。

MTBのスピードとテーブルトップの長さの
バランスを調整してます。
今のスピード感だと飛びきれません…
欲張って長くしすぎましたね笑
f:id:osotoman:20200725070559j:plain
3個目のリップを削り落として
2つ目のバックサイドを盛っています。
f:id:osotoman:20200725070651j:plain
テーブルトップが草ボーボーになってきた〜

1つ目のテーブルトップはスピードに対して
短すぎるので盛り盛りして延長します。

だけど雨ばかりでコースがドロドロ。
作業がなかなか進みません。

ドロップエリアと外周クロカンコースは
はまだ手つかずですが、

バームとジャンプは
この感じだと8月中には走行出来るレベルに
なるかと。

走行まであと少々お待ち下さい😊

ああ、また雨だ…
とりあえずカフェでお茶でもしましょう
f:id:osotoman:20200725071851j:plain

カヤックフィッシング美味しかったベスト5

カヤックフィッシングで釣ってきた魚!
それを料理したベスト5!!

自分で釣ってきた魚ってなんであんなに
美味いのかっ!

しかし、家族はさばいた魚しか見ていないため
釣った苦労分の美味さは感じていないようだ…
果たしてこの差を埋める事か出来るのか…(笑)

冗談はさておき、

実際に、ランキングがつけにくい~。
なぜなら、全部美味いから。釣るまでの苦労と
それを料理した楽しさが相まって、
全部メチャ美味いんです。

しかし…あえてのランキング!

 

第5位

ヒラマサ!ブリ!ワラサ!

f:id:osotoman:20200710211852j:plain

これですね。この釣った魚の料理が…

まずは刺身。ヒラマサの刺身はブリよりサッパリしていると言いますが
このヒラマサはメチャ脂がのってました。個体による差もあるのかな。
なんせ、魚体がデカいので切り身もデカいっ!

この刺身は、たしか2日寝かしたと思います。いや3日だったかな?
たぶん2日かな…

ヒラマサ、ブリは超新鮮な状態よりも、2~3日寝かせたほうが
ねっとりして旨みが凝縮してより一層おいしくなりますよね。

f:id:osotoman:20200710211857j:plain

 

その切り身で握った握り寿司です。これも美味かったな~。

f:id:osotoman:20200710211901j:plain

 

ヒラマサの切り身で作ったお吸い物。すごい脂のうまみでした。

f:id:osotoman:20200710211906j:plain

 

脂に油(オリーブオイル)でカルパッチョ
この魚体は脂のってたので、イナワラとかのほうがカルパッチョには合う
かもしれませんね。でも美味しかったです。

f:id:osotoman:20200710211915j:plain

 

これが楽しみ!カマの塩焼きです。
ヒラマサ、ブリ、ワラサ、僕的にはカマは外せません。
肉厚でジューシーでたまりませんね~。

f:id:osotoman:20200710211911j:plain

 

これはワラサの刺身です。ワラサも肉厚で美味しいですよね!

f:id:osotoman:20200710211941j:plain

 

 

さあ続いて

 

第4位

ヒラメ!

f:id:osotoman:20200710211921j:plain

この肉厚のヒラメ!
ヒラメも最高に美味い魚ですね。くせのない綺麗な白身です。
エンガワの触感も最高ですもんね。
しかし、ヒラメのエンガワって、このサイズでもほんとに少ししか
取れません。回転寿司のエンガワあんなに大量生産できてスゴイ。

 

これは、ヒラメの昆布締めです。
刺身もいいですが、ヒラメは昆布締めが最高。昆布に挟んで
一晩寝かせると……ネットリ旨みのヒラメが出来上がります。
これが最高に美味い!!

ヒラメも2日ぐらい寝かした方がうまいですね。

f:id:osotoman:20200710211926j:plain

 

昆布締めをごはんにのせて~カツオ出汁をかけて頂きます。
これもうまい!!あたりまえ!!

f:id:osotoman:20200710211931j:plain

 

どんどん行きますよ~

 

第3位

シイラ

f:id:osotoman:20200710212018j:plain
ハワイの魚ってイメージあります。シイラは皮に毒があるといわれていて
刺身を切る前には、皮を捌いたまな板をきちんと洗わないとダメですね。

シイラもきれいな白身です。でも実際は赤身らしいのですが
見た目は白身です。

これも脂がのってて美味しいんです。
シイラは新鮮であれば新鮮なほど美味しいと思います。
寝かしても旨みが凝縮という感じではなく、ダメになる感じですね。

f:id:osotoman:20200710212022j:plain

握りも美味いし、刺身も美味い!!
一番右の白いのはカワハギです。夏のカワハギ。これも美味しいですよ。

f:id:osotoman:20200710212028j:plain

 

シイラで有名なのは、やっぱりフライですよね。ふっくらサクサクで
たまりません。

シーバスの白身もフライには持ってこいですが、シイラも最高です。

f:id:osotoman:20200710212032j:plain

 

 

続いて

 

第2位!

アジ

すごく身近な魚ですね。
その名前は、味がいいからアジ、と言われているほど美味しい魚です。

f:id:osotoman:20200710211950j:plain

 

なんせ簡単に沢山釣れる。魚探にもしっかり映るし。わかりやすい魚です。
なんでも美味しいですが、おすすめはやっぱり

アジのなめろうですね~

写真右端のネギを振りかけてあるヤツです。
味噌と大葉と生姜を入れて、包丁でたたきます。
これがうまいのなんのって!!夏は最高です。

f:id:osotoman:20200710211958j:plain

 

アジを漬けにして、アジ丼にしてみました。
アジは刺身でも最高です。もう何してもうまい。
アジも新鮮なほど美味しい魚ですね~。

f:id:osotoman:20200710211954j:plain

 

 

さあ…やってまいりました。栄冠の1位は?

 

 

第1位!!

サバ

これも凄く身近な魚ですね~。
みんな美味いんですが、やっぱサバは外せませんね~。

f:id:osotoman:20200710212002j:plain

 

写真のサイズのような、小さいサバの場合
一番おいしい食べ方は釣ったその場でブツ切りにし、
生姜醤油をかけて頂きます。

これが最高です。

カヤックの上やボートの上で食べる超新鮮はサバの美味さは
釣り人の特権ですね~。漁師料理のような感じでマジ美味いです。
最高ですね~。

f:id:osotoman:20200710212008j:plain

 

サイズのいいのが釣れたら、しめ鯖以外に選択肢はありません。
サバも足の速い魚なので、刺身で頂くのは新鮮なサバだけ。
しかし、しめ鯖にすれば寝かせれば寝かせるほど旨みが出ます。

しかし!!!寝かせすぎると当たりますんで気を付けて。

僕は4日目だったかな…5日目だったか正確にはおぼえていませんが
美味しく頂いたあとに、ピーピーの大変な事態になった事があります。

みなさんもお気をつけて。

f:id:osotoman:20200710212013j:plain

 

上位は身近な魚でした。
やっぱ身近にいる魚が一番おいしいという事ですね。
しかし、アジも、サバも釣りたて新鮮なのが一番おいしいです。
スーパーや魚屋で買った魚ではこれは味わえませんね~
釣り人の特権ですね。

 

他にも、

・冬カワハギの刺身、肝醤油つけ
ノドグロの炙り、刺身
アイナメの焼き霜つくり
カサゴのあら汁
・キスの天ぷら
・ハゼの天ぷら
・マゴチの刺身

などなど、釣り魚の楽しみは沢山ありますよね~。

カヤックで漕ぎだして、釣った魚を料理して頂く。
なんて単純で楽しいんでしょ~。

最近行ってませんが…

 

それではまた。

 

 

ビックフィッシュ ベスト5

突然ですが、カヤックフィッシング総集編!
ビックフィッシュベスト5

カヤックフィッシングもすごく楽しいアウトドアの遊び。
ここ数年はMTBに全力なのでまったく行ってないけど、

新しい車のカヤックキャリアの更新を考えてたら
ふと、ビックフィッシュってどんなのだろう?
と…ふと思った。

ってことでBigFishベスト5!

 

第5位

 日本海遠征でキャッチした真鯛! サイズは74cm。

f:id:osotoman:20200706214214j:plain

刺身と鯛めし、そしてパスタにして美味しく頂きました。メチャ美味かった。
タイラバにゴンゴン来るバイトが独特で楽しいです。

 

第4位

これは日本海遠征で初めて釣った真鯛
あまりのデカさにビビった。
たぶん80cmぐらいだと記憶してます。

f:id:osotoman:20200706214148j:plain

 これも刺身で頂きました。皮が超固くて、さばくのに苦労した記憶があります。
超重かったけど、意外とすんなり上がってきた。顔と魚体の色が黒くてビビった。

 

第3位


ヒラメ!75cm
エンガワが沢山とれた。メチャ美味かった~。

f:id:osotoman:20200706214342j:plain

魚はみんな、このサイズになるとまな板にのらない…台所が大変なことになります。

f:id:osotoman:20200706224353j:plain

第2位

 夏の風物詩 シイラ
メジャーがなくて手のひら計測で7ヒロ。22×7=154cm
まあだいたいに見て130cmオーバーということで。

f:id:osotoman:20200706214126j:plain

シイラは釣れると横に走って、ジャンプします。カヤックが引っ張りまわされて大変でした。カヤックに取り込む時に暴れて超危険!

f:id:osotoman:20200706214428j:plain

新鮮なシイラの刺身は刺身ランキングでNo1、2を争う旨さだと思いました。

 

栄光の第1位は!

やっぱりこれでしょ!
引きが凄くて上がってくるのに20~30分かかった記憶がある。

ヒラマサ!96.5cm

f:id:osotoman:20200706214302j:plain

まさかカヤックでこのサイズ!釣れた時はやはり手が震えた。ビックフィッシュってなんで手が震えるんだろうか?笑

f:id:osotoman:20200706224340j:plain

KAYAK55の青物ダービーで優勝できる!!って意気込みましたが、
だめでしたね~。マジでこん身の一撃だったんだど、みんな凄すぎる~。

 

こうやって見てみると
カヤックフィッシングってスゴイねっ!

釣るのも楽しいんだけど、自分で釣った魚が旨いのなんのって。ヒラメのエンガワに昆布締め。ブリカマ。新鮮なシイラの刺身なんて絶品!。
いや~釣りって最高の遊びだ~。

カヤックで海に出る楽しさと、爽快さは別格ですね~。しかし海の危険と隣り合わせという事も忘れてはイカンですね~。

 

今やってみたいのは、霞ヶ浦でのカヤックキャット。
おかっぱりでも十分釣れるんだけど、6月~7月はキャットの活性が最も高くてクランクベイトとか何でも食ってくる。これをカヤックでやってみたいな~。

でも…やっぱ気持ち悪いかな?
慣れるとかわいく見えるんだけどな。

f:id:osotoman:20200706224944j:plain

f:id:osotoman:20200706225002j:plain

そういえば、 霞ヶ浦キャットも2種類いる気がするんだよね。黒いのと、金色のと。
この黒いのが唇が柔らかくてフック外すの大変だし、なんか気持ち悪いんだよな~。

とにかく 世の中には、楽しい遊びが沢山あるのね。まだまだ遊び足りませんね~。

この次は、釣った魚の美味しかった料理ベスト5にしようかな~。

ウィスラーMTBライディング編

ウィスラーMTBパークのライディング編
コース攻略なんかはYoutubeで一流ライダーが
やっているので

ウィスラー初心者目線でのパーク情報
お伝えしますね。

パークでビックリした事

【ドロップがえげつない件】

デカいジャンプはあるよね、と思っていたけど
普通にドロップが沢山ある。

※ビギナーのeasy dose itなんかには
えげつないのは無いので安心してね。

各コースにドロップがあるんだけど、全部怖い。
日本では味わえない程の高低差があるし、
角度がハンパない。
DKFREERIDEキャンプではこれも徐々に練習して
慣らしていってくれるんだけど…
それでも怖いもんは怖い!
まずはスキルエリアでのドロップ練習。

ここでドロップの練習をして、体を慣らしていきます。
これ、動画で見ると大したことないんだけど、実物見ると
怖いですよ。だけど不思議なもんで、一度飛ぶと、
まったく平気になるのがMTBライダーの不思議なところ(笑)
最初はビビります。マジで。
さあ、それではコースへ出ましょう!

 

ウィスラーキャンプで走ってるコースは
こんな感じだったと思う。
他にもいろんなコースに行ったと思われるが
コース名がわかりません。

INTERMEDIATE(中級)レベルがメイン。
・BLUE VELVET←超面白い!
・C-MORE  ←超面白い!
・CRANK IT UP←超面白い!
・B-LINE   ←覚えてないけど面白い!
・NINJA COUGAR←どこだか覚えてない

上記メイン走って慣れてきたら試走がてら
上級を走ります。

◆ADVANCE(シングルブラック)では
・A-LINE←超絶楽しい!けど全開では飛んでない

◆◆EXPERT ONLY(ダブルブラック)では
・DIRT MERCHANT←試走な感じ。
ここは知らないで行くと超ドロップあるから超絶にヤバいです。

コースレベル表記は下記を参考に。

f:id:osotoman:20200704213443j:plain

 

見よ!INTERMEDIETE(中級)内にあるドロップ達の数々!
 ※各ドロップのコース名とか場所とかは覚えていません。
  中級でなかったらスイマセン。

まずは最初の関門!ドロップインクリニック!
コース内のここで、ドロップの講習をやってもらいます。

f:id:osotoman:20200705071626j:plain

 これもドロップインクリニックの別角度から。

f:id:osotoman:20200705071448j:plain

写真で見ると大したことない感じに見えるけど、
これマジで怖いからね!!!!まじで!!!

次がラダーのドロップ

f:id:osotoman:20200705071725j:plain
これも怖かった~。ここだけの話、一発目は目をつむってしまった…

次!

f:id:osotoman:20200705071519j:plain
これいい写真!怖いでしょ~。そうです怖いんです。

だけど、大喜プロが教えてくれるドロップのやり方を
しっかりとこなせば、まったく問題ないのです。
スキル的には全く問題なし!あとは心の問題です(笑)

次は別格なので、トライするときはお気をつけて!


【大喜プロのデモラン】

お好きな方はどーぞ。日本では体験できませんね~。

 

フローって?

高低差があって、上下左右のGを感じながら
ライドすることって感じですよねたぶん?

ウィスラーに行くと、超フローが体験できます
これがフローかっ!って思い知らされますよきっと。
次回ウィスラー行くときは、もっと思いっきり走りたい~!

ダートマーチャントです。
動画の中で見てほしいのは、高低差。一度上がってから
一気に下がって、そしてまた上る。フロー感です!
入り口から、いきなりドロップです。

0:27あたりの下りの落ち具合に注目

黄色のウエアがおそとまん。
青のウエアは、ケンシロウ。最近見ないね元気かな?

動画はyoutubeのましコーチさんからパクりました(^^;
ありがとうございます!ましコーチ!

二つ目の動画、0:36あたりに出てくるのが、超絶ドロップ。
知らないとそのまま突っ込んで、大変なことになります。
コレ↓

f:id:osotoman:20200705213316j:plain

bermstyl.comより引用

続いて、憧れのA-LINE!!!
バームが大きくて、スピードに乗りやすい。
めちゃ気持ちいいーーー!

A-LINE1の動画で0:14あたりにラダーが出ますが
ラダーのあともドロップです。

A-LINE3
1:40のバームの大きさからの
1:50あたりに出てくるテーブルトップのデカさに注目!

A-LINE4の一番最後に、ウィスラービレッジに降りてきます。
マウンテンバイカーの多さにビックリしてください(笑)
1:28~1:30あたり目を凝らしてみると、女性ライダーが
たくさん発見できます。
これ、日本ではお目に掛かれない状況ですね~。

そして、次はクリークサイド。
これコース名なのか、エリア名なのか分かりませんが、
バームが延々と続きます。僕のコーナーの下手さが目立ちます。
あ、2020年、もっとコーナー上手くなってるハズなので、
ウィスラーで試してみたい…

ね、バームだらけでしょ?
谷側のバームが飛び出したら、落っこちるという恐怖心で
上手く曲がれないんですよ。どうしても視線が谷に行ってしまう…
つぎは克服したいですね~。

 

こんなのもあるよ。

超でっかいステップアップ。
着地が高い場所にあるから、安心感あるけど
普通のテーブルトップだと考えると
ジャンプの高さがものすごい高さになる。
着地を心配しなければ、こんな高さ飛べるってことなのかな。

こんなのも日本ではまず体験できませんね。

 

スキルパーク

 ウィスラーバイクパークの外?にあるスキルパークです。
これって無料なのかな?歩いて行って普通に入れます。

f:id:osotoman:20200705220229j:plain
お母さんと子供たちでワイワイ。子供のうちからこんな
環境があったらそりゃー、勝てませんよね。コレ。

f:id:osotoman:20200705215911j:plain

f:id:osotoman:20200705220243j:plain

↑リップの角度と高さ!!垂直打ち上げ方式です。そして全部キャニオンです。

f:id:osotoman:20200705220302j:plain

↑パンプトラックもこの大きさ。

普通に子供たちが沢山。コース内はお母さんと子供
というペアが沢山いましたよ。
お母さんはウイップ決めて飛んでましたけど…

 

多少はウィスラーを感じて頂けましたでしょうか?
やっぱり、日本では味わえないこのコース!行くべきですね。

一緒に練習してDKFREEERIDEツアーでウィスラーへ行きましょう!

OST FREERIDE MTB でもMTB初心者講習
予定していますので一緒にやりましょ。カナダ行きましょ。

あ、コレ怒られるかもしれませんが、

f:id:osotoman:20200705220625j:plain

こんな風景も普通でした。日本のおじさんたちはメロメロ~笑